女性薄毛

女性が薄毛になる原因

女性の人口は日本全国で600万人とも言われています。

 

これは日本人女性全体の10人に1人程度の人が薄毛を発症していることが分かります。

 

また申告されてない部分もあるので今後もこの数は増えていく予想ができあます。

 

それではなぜ女性が薄毛になってしまうのかその原因を見ていきたいと思います。

 

食生活

 

昔と違って現代人の女性が薄毛が多くなった原因の一つに食生活があげられます。

 

昔はヘルシーな和食中心の食べ物。

 

それが髪の毛には非常によく昔の人はそのおかげで髪の毛がきれいな方が多かったのです。

 

しかし近年欧米食が日本でも食生活の一部となり、それによって栄養素が偏ってしまったり、脂分を多く取ってしまい薄毛を発症してしまいます。

 

特に脂分は血行が悪くなってしまう原因になります。

 

血がドロドロになりまた頭皮にある毛細血管がそれによって詰まってしまう恐れがあります。

 

髪の毛は頭皮にある毛細血管から栄養を受け取り成長します。

 

その毛細血管が詰まってしまうと髪に必要な栄養素や酸素を血液から十分に吸収できなくなることが原因です。

 

ダイエット

 

日本人女性の中でも最も多いのがダイエットです。

 

誰しも若い時は一度は経験するこのダイエットは特に栄養不足になりがちです。

 

日本人女性のダイエットはほとんどが食事制限によるダイエット。

 

いきすぎてしまうことで髪の毛が栄養を十分に吸収できず細くやせ細り、抜け毛の原因となってしまいます過剰な食事制限によって極端に栄養素が不足してしまうと、少ない栄養は命に関わる臓器などに優先的に分配されるため、頭皮に回ってくる栄養はごくわずかです。

 

それが近年女性の薄毛が増えた原因とも言われています。

 

老化

 

歳を重ねていく事に女性ホルモンが減っていきます。

 

特に40歳を過ぎたあたりからはその減り方が急激です。

 

女性ホルモンの一つであるエストロゲンは女性の髪の毛と密接な関係があるため、それが減ってしまうことは薄毛を意味します。

 

またこの時期は更年期障害などの症状も合わせて発症する可能性があるため、特に頭皮ケアは必要となってきます。また日頃の生活習慣を見直すことも大切です。

 

間違った頭皮ケア

 

過剰なシャンプーや毎日同じ所からの分け目、毎日を結わいたりすることも薄毛の原因となってしまいます。

 

その中でも日頃から使うシャンプー成分に気をつけておかないとそれが合っていないことで薄毛を発症してしまう可能性があります。

 

まとめ

 

女性の薄毛はこれらが原因となっていますが、あくまでこれらは原因は氷山の一角です。

 

他にも様々な原因がありますので後々ご紹介していきます。これらに当てはまる方は早々の頭皮ケアが必須となります。

 

また最近では20代の若い女性にもこのような薄毛が多くみられるようになっています。もしも自分が該当するならばこちらが参考になります。20代女性のための育毛剤選び